大阪選手のメンタル強化で学ぶこと

1月23日に行われたテニス全豪オープンの準々決勝で、世界ランク7位のウクライナのスビトリナ選手に勝利しベスト4に入りました。

毎週月曜日に発表されている世界ランキングで、大会後に発表になった世界ランクでは日本人初の3位以上に入る事が分かり、今朝は各テレビ局で大阪なおみ選手の特集を組んで大賑わいです。

大阪選手が強くなった理由にメンタル面のコントロールが上手に出来るようになった事が大きいのではないかと多くのメディアでも取り上げています。

大阪選手も、昨日の試合後のインタビューでは「今日の試合のプランは迷わずにイライラしないで自分のテニスをする事。あんまりそれ以上のことを考えずにやりました。」と話しています。

昨年の試合では、思うようにプレーがいかないとネガティブな発言を繰り返したり、時にはラケットを叩き付けて壊してしまったり、メンタル面のコントロールが上手にできないまま自滅してしまう場面が度々ありました。

本人も昨年の会見では「もし、ポジティブになれていた勝てていたかもしれないと・・・・」話していて、メンタルを安定させることが前に進むには大きな課題となっていました。

今回の全豪オープンでも、3回戦のシェイ・ スーウェイ選手との対戦の1回戦では思うようにプレーが出来なくて、大阪選手はラケットを投げつけるイライラしたが場面がありましたが、

2回戦では、気持ちを上手に切り替え自分のペースで試合をし逆転勝ちしています。

この試合後のインタビューで大阪選手は、ラケットを投げつけるシーンを振り返り「みなさん私がラケットをたたきつけるのを見なかってですよね。あれは私がやったことではないんです。」と、心に余がありお茶目に話しています。

昨年の試合とはくらべものにならないくらいメンタルが強くなりました。

どうしても、試合は勝ちたい気持ちが強くなってしまいます。ですが、一番大切なのは勝負の成果ではなく、メンタルのコントロールだと教えてもらった気がします。