稀勢の里がプレッシャーに打ち勝って横綱昇進を決めた!

長年横綱候補と言われた男が、ついに綱取りを成し遂げました。

大相撲初場所で大関・稀勢の里が千秋楽で横綱・白鵬を破り、

14勝1敗で初優勝をして横綱昇進を確実なものにしました!

正直、今場所は綱取りの場所ではなかったと思いますが、

稀勢の里が勝ち続けることで、世間が横綱昇進を期待する雰囲気になり、

日本相撲協会の心を動かした感じですね。

それにしても、横綱になるまでかなり時間がかかりましたね。

確か稀勢の里は、新入幕になるまでに要する時間が早くて、

18歳3ヶ月と貴花田に次ぐ史上2番目の早さとか。

早くから横綱候補として期待されていた大器だったけど、

これまでは、心に体がついてこなかった感じまします。

稀勢の里は、いつ横綱になってもおかしくないポテンシャルを持ちながら、

プレッシャーに弱くて、いつもここぞという取り組みで負けていました。

単独トップでいたのに突然連敗して失速したこともありましたね。

もう緊張で力が入りすぎて、体が動いていないんですよ。

横綱・白鵬を圧倒する強い相撲をしたかと思うと、

自分より格下の相手にコロッと負けることもよくありましたからね。

一時は、横綱になることを諦めたこともあったようだけど、

心を入れ替えて下半身の強化を中心に一から鍛え直したようです。

ようやくここに来てその鍛錬が実を結び、

今場所の初優勝と横綱昇進に繋がった感じがします。

ただ、個人的には、横綱昇進の条件がちょっと甘いかなと思います。

やっぱり強い横綱を誕生させたいのならば、

2場所連続優勝を絶対条件にするべきでしょう。

同じように、2場所連続優勝に準ずる成績で横綱に昇進した鶴竜は、

昇進後に2度優勝するも、それ以外は横綱とは言えない成績です。

稀勢の里が同じようになるとはまだ断定できませんが、

少し不安な面も拭えないのも私の本音です。

それに、無敵を強さを誇っていた白鵬は、かつてほど強さはありませんし、

日馬富士や鶴竜といった2横綱も、最近は安定した強さはありません。

大関陣も豪栄道が途中休場したり、琴奨菊が関脇へ陥落するなど、

今場所は厳しい取り組みがなく、ついていたとも考えられます。

稀勢の里にとっては、来場所こそ真価が問われる場所になると思います。

横綱に昇進して最初の場所で、今場所のような強さを見せることができれば、

誰からも文句を言われない強い横綱として認められるんじゃないでしょうか。

港区の乳がん検診なら汐留ガーデンクリニックがおすすめ

2年前に沖縄から東京都港区に引っ越してきました。

現在は看護師の見習いで某病院に勤務しています。

先日、母より電話があり、母が乳がんになって手術をすることに

なったと知り驚きました。母が言うには、万が一遺伝すると困るので

早めに乳がん検診を受けてほしいという連絡だったのです。

わたしも23歳になったばかりなので、そろそろ一度は検診を受けようと

考えていた矢先の出来事で、すぐにでも受診しようと決めました。

職場が病院ということもあり、本来なら職場で受ければいいのですが

もしも万が一、乳がんが発見された時のことを考えると

だれにも知られずに乳がん検診を受けることにしました。

色々と調べてみると港区には沢山の病院があり迷ってしまいます。

そこで、選んだのは、10590円で乳腺エコーとマンモグラフィを両方受診できる

汐留ガーデンクリニックです。病院もキレイで新橋駅/汐留駅からすぐ近く。

わたしが乳がん検診を調べたのは、乳がん検診おすすめ病院ナビといサイトです。

たったの10分ほどで最適な病院が見つかりました。

これから乳がん検診を受けるなら、便利なので使ってみてくださいね。

今年の紅白歌合戦は一味違う!ガッキーも恋ダンス踊ったぞ!

ついに2016年のラストを飾る第67回NHK紅白歌合戦が始まった!

今年の紅白はなんだかNHKさんの意気込みが昨年とは違う感じ。

PUFFY久しぶりに見たけど昔と変わらず良かった。

曲も懐かしかったなあ・・・

バナナマンが副音声で西川貴教と紅白ウラトーク。

PUFFYの吉村由美と西川貴教・・・なんか変な緊張感がある。

土屋太鳳のダンスは、躍動感があって凄かった。

でも、最後の郷ひろみと抱き合うシーンが少し長かったぞ!

椎名林檎も相変わらずカッコよかった!

しかも、バックバンドに東京事変が総出演とは。

若手演歌歌手の三山ひろしは、曲中に得意のけん玉を披露し、

なかなかの腕前だってことがわかった。

そして、なぜかくまモンもけん玉が上手かったのに驚いた!

しかし、ピコ太郎は結構頑張っていたよね。

合間に出てくるピコ太郎とオリラジのあっちゃんの

おでこつき合せてのにらみ合い笑けた。

ついでに新作の「ポンポコリンポンペン」を披露するも、

時間内に治まらずに途中で9時のニュースに切り替わってしまった。

「ポンポコリンポンペン」のピコ太郎からの高瀬アナ。

明らかに笑いをこらえた感じの表情の高瀬アナが良かった!

笑わずによく踏ん張ったのは偉かったです。

でも、なぜ途中で切っちゃう!時間の都合なのかは知らないけど。

まあピコ太郎は逆に美味しかったかもしれないが・・・

と言うか、新作の「ポンポコリンポンペン」ってなんだよ!

それと、タモリさんとマツコデラックスさんの寸劇

ひょっとして最後まで続ける気なんだろうかと思っていたら、

本当に最後まで寸劇をやり切ってしまった。

結局、辿り着かずに帰ってしまうというオチ。

そう言えば、ぺことりゅうちぇるも来ていて、

ついでに結婚報告もしてたっけ。

タモリに「竜雷太?」と言われて、

りゅうちぇる「竜雷太じゃない!」と突っ込む。

水森かおりにも水森亜土と言うタモリ最高です。

マツコとのコンビは安定していたから、

NHKさんは2人の寸劇のおかげでかなり助かったと思います。

RADWIMPSが歌う今話題の「君の名は。」の前前前世は、

ファンも感動したんじゃないでしょうか。

桐谷健太の「海の声」は、熱い歌声で魂こもってたなぁ。

紅組司会の有村架純(かぐちゃん)も応援してました。

次に歌ったauのCMソングつながりのAIは、

圧巻の声量で彼女ならではだなと思いました。

そして、待ってました!星野源!

ガッキーこと新垣結衣と星野源の「恋ダンス」共演はあるのか?

楽しみにしながら見ていたんだけど・・・

審査員席のガッキーがなかなか踊らない。

あれっ!踊らないんだ・・・ そう思った時です。

曲の最後の方でカメラが寄ってガッキーがアップで映ると、

ちょっと恥ずかしそうにうつむきながら踊ってくれた!

照れつつも恋ダンスを少し踊ってくれたガッキーは、

めちゃくちゃ可愛かったです。

今日の影のMVPかもしれません。

「逃げ恥」ファンは絶対に見た甲斐があったと思います。

大竹しのぶは、歌は上手く表現力抜群なんだけど、

迫力満点過ぎてちょっと顔が怖かった・・・

後半に入り、NHKさんはまたもピコ太郎を投入!

今度はピコ太郎のPPAP第九! 

そこで、総合司会の武田真一アナがまさかのPPAPを披露し、

「ゴジラマイク♪」と歌いながら踊って弾ける始末!

真面目なイメージが変わっちゃうけど、武田アナ最高だった。

それにしても、なんでシンゴジラがNHKさんを襲撃するんだ!

よくよく考えたらメチャクチャな話の流れなんだよね。

その後、現れたのがあのポール・マッカートニー!

うぉー!ポール・マッカートニーだぁー!

でも、ポールが出て歌でも歌ってくれるかと思ったら、

どさくさに紛れての来年の来日の宣伝VTRだった・・・

NHKさんは、これにいくら払ったんだろうか?

できれば、何か歌って欲しかったなぁ。

あと、やっぱり宇多田ヒカルはホントに歌うまいよね。

ロンドンからの中継だったけど最高に良かった!

しかし、最後の勝敗結果がよくわからんなぁ。

だって、視聴者と会場の投票が圧倒的に白組が多かったのに、

結果は白組でなく、紅組の優勝なんだもん。

と言うことは、審査員のほとんどが紅組に投票したってこと?

まあどっちが勝っても別にいいんだけど・・・

なんとなく腑に落ちなかったんでね。

でも、全体的に今年の紅白は面白かったからいいか!

最初にも言ったけど、今年はNHKさんがちょっと気合入ってた感じ。

要所要所でワクワクさせる演出や予告なしの出演者など、

NHKさんも本気出せばできるんだから毎年ちゃんとやろうよ!

来年も期待しているぞ!NHKさん!