三原舞依が200点超えの自己ベストで逆転優勝

17歳の新鋭が圧巻の演技で会場のファンを魅了しました。

2月18日に、平昌で行われたフィギュアスケートの四大陸選手権で、

初出場の三原舞依選手が、自己ベストとなる200点超えで逆転優勝!

今回の日本女子は、16歳の樋口新葉選手がエース格だっただけに、

三原舞依選手が、優勝するなんて全く思ってもいませんでした。

しかも、200点超えの自己ベスト200.85点での逆転優勝ですからね。

今まで三原舞依の演技を一度も見たことがなかったので、

どんな滑りを見せてくれるんだろうと楽しみにしていましたが、

ジャンプは綺麗ですし、スピード感もあって素晴らしかったです。

それに、何よりミスの少ない安定感抜群の滑りが印象的でした。

ショートプログラムもフリーもほぼ完璧の滑りができた感じですね。

おそらく、本人が一番驚いているんじゃないでしょうか。

演技後に結果を待つ場所であるキス・アンド・クライでは、

点数が出た瞬間に思わず絶叫して喜んでいましたからね。

まあ彼女自身、とても辛い時期があっただけに、

今回の結果は余計に嬉しかったと思います。

実は、三原舞依選手は、一昨年に、体中の全ての関節が痛む

「若年性特発性関節炎」という病気を発症していたんです。

一番ひどい時には、あまりの痛みに立つことも難しかったそうです。

それでも彼女は、復帰することを諦めなかったんです。

関節に負荷がかからないように、筋力を鍛えるトレーニングに励むなど、

復帰に向けて地道な努力を続けてきたとか。

今回その努力がようやく報われたわけですから、

彼女がが大喜びするのも無理はありません。

だって、1年2ヶ月前には、まだ病院のベッドの上にいたんですから。

まさか1年2ヶ月後に、世界の大舞台で優勝できるなんて、

全く考えてもいなかったでしょうからね。

と言うか、こうしてフィギュアスケートを

普通にできることすら難しかったかもしれないのです。

人一倍の努力とフィギュアスケートを続けたいという強い気持ちが、

200点超えの自己ベストでの逆転優勝を呼び込んだと言えますね。

今回の四大陸選手権は、来年の平昌五輪のプレ大会として開催されただけに、

彼女にとって、五輪出場への大きな弾みとなったんじゃないでしょうか。

三原舞依選手!本当におめでとう!

都議選前哨戦の千代田区長選で小池知事支援候補が圧勝

小池知事が都議選に向けて良いスタートを切りました。

5日に行われた千代田区長選で、小池知事が支援する現職の石川雅巳氏が、

自民党推薦で新人の与謝野信氏を圧倒的大差で破って当選!

今回の区長選は、小池知事と都議会自民党のドン・内田茂氏との

「代理戦争」と言われ、かなり注目を集めた選挙になりました。

私のような東京に住んでいない人間でも少し気になりましたからね。

小池知事にとって、7月の都議選で勝利するためには、

自民都連の力を少しでも低下させておく必要があります。

そのために狙いを定めたのが、今回の千代田区長選だったわけです。

千代田区と言えば、江戸時代に千代田城とも呼ばれた江戸城があった地で、

昔から政治の中心となった重要な場所と位置づけられてきました。

そして、この千代田区と言えば、内田茂氏のお膝元であり、

自民都連にとって重要な場所でもあります。

小池知事は、自民都連の力を低下させて都議選に勢いつけるためには、

まずは、内田茂氏の地元の千代田区で行われる区長選に

勝利することが一番の近道だと考えたわけです。

でも、いくら小池知事の人気が高いからと言って、

ここまで石川雅巳氏が、圧勝するとは思いませんでした。

だって、求心力が低下しつつあるとは言え、内田茂氏の地元ですからね。

事前の予想でも、自民党の支持層の票をしっかり固めることができれば、

7000~8000票は確保できるとも言われていました。

ところが、蓋を開けてみたらまさかのトリプルスコアじゃないですか!

しかも、与謝野信氏は、7000票どころか5000票も取れていません。

石川雅巳氏が前回勝った時は、約1200票差の僅差だったことを考えれば、

今回の約11000票差というのは自民都連にとって大敗と言えるでしょう。

これで、小池知事の勢いが本物だってことがはっきりしましたね。

この勢いのまま、一気に新党結成に向けて動き出すかもしれません。

今後の小池知事の動きには、注目していきたいですね。