侍ジャパンがタイブレークの末強敵オランダに劇的勝利!

4時間46分の激闘の末、2次ラウンド最大の難敵を退けました。

侍ジャパンは、WBC2次ラウンド最初の相手となるオランダを

延長11回タイブレークの末、4番中田の一打で8-6と辛くも勝利。

オランダは、ヤクルトのバレンティンをはじめ、

メジャーに在籍する選手が多く出場しています。

おそらく、キューバよりも強いんじゃないでしょうか。

侍ジャパンが、オランダ相手にタイブレークで劇的勝利した背景には、

2人の選手の活躍が大きかったと思っています。

その2人とは、日本ハムの中田選手と広島の菊池選手です。

まず、中田選手ですが、こちらは4番としての役割を十分に果たしています。

強化試合では、かなり調子を落としていましたが、

WBC本番に入ってグンと調子が上がってきた感じがします。

この日も、3回に3試合連続となる3ランホームランを放ち、

11回には、決勝点となるレフトへの2点適時打を打ちました。

終わってみれば、5打点と大暴れしましたからね。

しかも、得点圏にランナーがいるここぞという場面で、

見事に打ってくれたので、本当に頼りになります。

これで、中田に繋げば、なんとかしてくれるという

チームの固い結束もできたんじゃないでしょうか。

そして、もう一人の勝利の立役者が菊池選手です。

彼の神がかり的な守備が、勝利を呼び込んだと言っても過言ではありません。

そのプレイが飛び出したのが、オランダの攻撃となる7回裏。

1アウトランナー1塁という場面で、キューバのボガーツが打った打球は、

ピッチャーの足元を抜ける強烈なセンターの当たり。

打球は途中でピッチャーマウンドに当って大きくバウンド。

菊池選手は、そのバウンドした打球に飛びついて見事にキャッチ。

そして、素早くショートの坂本選手にバックハンドトスし、

一塁ランナーをアウトにするスーパープレイ。

もし、抜けていてランナーが一塁・二塁となっていたら、

同点もしくは逆転されていたかもしれないので、

試合を大きく左右するプレイだったと言えます。

この菊池選手のプレイは、日本の野球ファンだけでなく、

世界中の野球ファンを驚愕させましたね。

テレビ中継では、このプレイの直後にキューバベンチが映った時、

メジャーを代表する守備の達人シモンズが菊池に拍手を送っていました。

それだけ、素晴らしい守備だったということなんでしょう。

このように、彼らの2人の活躍のおかげで、強敵オランダ相手に

侍ジャパンは劇的な勝利を収めることができたんです。

2次ラウンド以降も彼らが活躍してくれると信じています。

侍ジャパンが、決勝ラウンドに進出するように、

みんなで侍ジャパンの選手たちに熱い声援を送りましょう。

アキラ100%が「R1グランプリ」を優勝してしまった

今年もまた裸の芸人さんが、ピン芸人の頂点に上り詰めました。

ピン芸人No.1決定戦「R1グランプリ2017」は、

まさかのアキラ100%の優勝で幕を閉じましたね。

アキラ100%のことを知らない方のために解説しておくと、

素っ裸の状態で股間をお盆で見えないように

上手く隠すのが彼のネタです。

正直、生放送だから手汗ですべってお盆を落とさないか、

ずっとハラハラしながら見ていました。

アキラ100%本人も言っていましたが、

ネタ中に横から見ると角度によっては見えちゃっているみたいですね。

おそらく、審査員や司会の雨上がり決死隊の2人と加藤アナには、

あそこがチラチラと見えていたと思います。

決勝なんて、一番最後にネタを披露する順番だったから、

緊張でかなり手汗をかいていたはずです。

ネタの途中でも汗を拭いていましたからね。

お盆が落ちなくて見ている私の方がホッと一安心しました。

もし、お盆が落ちて生放送であそこが映ってしまったら、

一発で彼の芸人人生は終わりでしたね。

アキラ100%のネタは、本来の「R1」の趣旨とは違いますが、

あれだけ見事にミスなくやってのけるんだからある意味スゴイです。

普通ならちょっとぐらいミスしそうなもんですけどね。

ハラハラと笑いの融合に審査員の板尾創路もハマっていました。

これで、2016年優勝のハリウッドザコシショウに次いで、

2年連続裸芸人が優勝したことになります。

あと、表彰式でトロフィーと優勝賞金を受け取る時には、

お盆ではなくて賞金500万円と書かれたボードで

股間を隠していたのにはさすがだと思いましたね。

それにしても、残念だったのが今人気急上昇中のブルゾンちえみです。

せっかく良い感じでネタを披露していたのに、

途中でネタが飛んじゃいましたからね。

審査結果を発表する前には、悔し涙を流していました。

まあまだ2年目だし、来年以降もチャンスはありますから、

下を向かないで頑張って欲しいです。

とりあえず、アキラ100%!「R1グランプリ」優勝おめでとう!