スマステーションで香取慎吾と中居正広が解散後初共演

解散しても2人の仲は相変わらず良かったですね。

4月22日に放送されたスマステーションで香取慎吾と中居正広が、

解散以来久しぶりに共演していましたね。

今はもうSMAPではないけど、やっぱり2人のトークの掛け合いは、

長い付き合いだからこそできる抜群の面白さがありました。

今回のスマステーションでの香取慎吾と中居正広の共演は、

きっとSMAPファンもすごく楽しみにしていたんじゃないでしょうか。

中居正広は、登場するなりいきなり暴走トークを始めましたね。

最近、少し噂になった“隠し子疑惑”について、

香取慎吾に「子供いたんだって?」ときついツッコミを入れていました。

「知り合いの子だから」と笑って返していましたが、

今度は、香取慎吾が「前より小さくなった?」と攻撃。

何だかんだ言って2人共とても楽しそうでしたね。

今回のスマステーションでの香取慎吾と中居正広の共演は、

「中居正広のミになる図書館」の番宣を兼ねての共演だったみたいです。

先週の放送での予告からすぐに話題になってはいましたが、

視聴率の方も先週の6.6%から8.3%にアップしていたので、

いかに今でもSMAP人気が高いかということがわかります。

あっ!そう言えば、今回のスマステーションで、

ごはんのお友となる「鮭キムチ」が紹介されていましたが、

これが、放送直後から注文が殺到しているみたいですね。

確かにあの中居正広が、美味しいと大絶賛したほどだから、

番組を見た視聴者が、いっせいに注文したんだと思います。

しかも、番組放送後の注文数が、一気に1万個に達したみたいで、

この数字は、「鮭キムチ」の年間販売数に相当するとか。

どうやら手作りで製造されているらしくてすぐに売り切れてしまい、

今では、商品が届くまで3ヶ月待ちになっているそうです。

スマステーションでの香取慎吾と中居正広の共演も良かったですが、

彼らが大絶賛した「鮭キムチ」も気になって仕方ないです。