ゴロフキン対アルバレスは判定の末ドロー 村田諒太も対戦熱望?

ミドル級で最強と言われたゲンナジー・ゴロフキンが、

元WBC世界同級王者サウル・アルバレスと対戦しましたが、

判定までもつれ込んだ結果ドローに終わってしまいましたね。

WBAスーパー王者以外にも、WBC、IBFでもミドル級王者に君臨し、

ミドル級では敵なしと言われるほどの強さを誇っていたんです。

ところが、今回のアルバレスとの判定ドローになった試合で、

ゴロフキンの強さに少し陰りが見え始めてきた感じがします。

もちろん、対戦相手だったアルバレスは、

過去に、スーパー・ウェルター級を制した強者。

戦績に関しても今回の判定ドローを含めて、

52戦49勝1敗2分け(34KO)と負けたはたった1度だけで、

その1度の負けもあのメイウェザーですからね。

そんな手強い相手だったからドローも仕方ないかもしれませんが、

正直、今回の試合を見た限りでは、全盛期の強さは薄れてきています。

試合序盤は、ゴロフキンが王者らしくプレッシャーをかけていましたが、

アルバレスがフットワークを駆使して上手くパンチをかわし、

逆に、ジャブとコンビネーションを織り交ぜて優位に立っていました。

試合中盤に入ると、ようやくゴロフキンの執拗なプレッシャーに

徐々にスタミナ切れを起こしたアルバレスでしたが、

結局、最後までアルバレスを仕留めることできなかったんです。

彼の全盛期の強さを知っているファンからすれば、

今回の試合はかなり物足りなかったと思われます。

年齢も35歳だし、やっぱり衰え始めているのかもしれません。

もし、本当にゴロフキンが衰えてきたとなると、

同じミドル級にいる村田諒太にもチャンスが出てきます。

実際、この試合を見ていた村田諒太のコメントを見ると、

ミドル級において抜き出た選手はいないと分析しており、

いつかは対戦をしたいような口ぶりでした。

ただ、ゴロフキンと試合をするためには、

まずは、次のエンダムとの再戦に勝つことが絶対条件です。

WBAの王者となり、その後に2~3人の実力者に勝ち続けることで、

ゴロフキンとの対戦が実現する可能性が高まるかもしれません。

いずれにせよ、ミドル級は混沌としてきた感じがします。

ひょっとしたら、来年以降、今のミドル級の勢力図が、

大きく変わっているかもしれませんね。