宇治原 「アタック25」に出場するもまさかの0枚に終わる

京大出身でいろんなクイズ番組でも活躍しているお笑いコンビ、

ロザンの宇治原史規が、「パネルクイズ アタック25」に出場。

先に結果を言うと、全く歯が立たず獲得したパネル数が0枚に終わる大惨敗。

芸能界ではクイズ王で知られる宇治原でも、

「アタック25」では勝手が違ったみたいですね。

正直言って、結構やれるものだと少し期待していましたが、

クイズが始まってからすばらくは全く答えることができなかったんです。

と言うか、ボタンすら押せないような状態でしたね。

まさか緊張していたわけではなかったと思いますが、

他の解答者の実力がスゴかったのかもしれません。

宇治原も「相手が強い!」とレベルの高さに驚いていましたからね。

あの物知りの宇治原でも初正解を出したのは20問目だったから、

やっぱり相手が悪かったとしか言いようがありません。

「アタック25」って、決勝に出るのは結構大変と聞いたことがあります。

私の知り合いにも、過去に予選にチャレンジした人がいるんだけど、

予選すら突破することができなかったみたいですからね。

そう考えたら、一般参加者に混じって予選から「アタック25」に挑戦し、

見事決勝への駒を進めた宇治原は、よくやった方だと思います。

まあパネル獲得数0枚で大惨敗に終わったのは、

テレビ的にはある意味良かったんじゃないでしょうか。

宇治原も今回の結果にショックだったかもしれませんが、

お笑い芸人としては、かなりおいしかった思います。

応援のために観覧席に座っていた相方の菅も

早速“ゼロ原”と宇治原のことをイジっていましたからね。

おそらく、当分の間は、テレビに出演するたびに

“ゼロ原”とイジられ続けるんでしょう。

でも、笑いの良いネタが一つ増えたから良かったんじゃないかな?

今回の宇治原の「アタック25」初挑戦は残念な結果に終わりましたが、

これに懲りずまたチャレンジしてもらいたいですね。

関連情報

福岡市の乳がん検診の費用とおすすめ病院

留守中の空き家の管理は代行サービスがお勧め!

人生って何が起きるか分かりませんね。

30年ローンで家を購入した途端に、外資系企業にヘッドハンティングされ1年間海外に行くことなりました。

最初は不在中に空き家状態になるので、知人に賃貸しようと思ったのですが、妻が猛反対。

せっかく購入した家を誰かに使わせるのは嫌という理由です。

賃貸すれば年間に200万近い収入になるのに、それを放棄しても空き家のままにするというのです。

物に対する価値観とういうのは、人それぞれ全く違うものだと改めてしりました。

さて、それはともかくとして人が住んでいない状態だと、凄い勢いで家は老朽化するそうです。

人が住んでいるからこそ、自然にメンテナンスが行われて良い状態をキープできるらしいのです。

ですから住んでいなくても定期的に換気や通気をして、たまったホコリを清掃しなければなりません。

また水回りも定期的に水を循環させないと、パイプが錆びてしまいます。

さらに郵便物やチラシがポストに溢れていると防犯上の問題がでてきます。

海外赴任で住んでいない家も管理が必要になるんですね。

そこでネットを使って、管理する会社を調べてみました。

私が探したのは、千葉県の空き家管理代行サービスです。

このサービスは、不在中に定期的に巡回して、清掃や管理をしてくれます。

他にもセキュリティ会社も管理サービスをしていますが、清掃や水回りに対応していないので、空き家専門の管理代行サービスをを選んだというわけです。しかし世の中には色々な仕事があるもんですね。驚きました。